過払い大阪

司法書士の仕事の一つに「過払い請求」というものがあります。過払いとは、消費者金融やクレジット会社などの貸金業者が債務者に対し、利息制限法の上限を超え、出資法で定められた上限内で金利を定めた「グレーンゾーン金利」で融資を行ったことによって生じた利息の過払い分を債務者が貸金業者に対し請求する手続きを依頼者に代わり司法書士が行うものです。

貸金業者に対し取引履歴の開示請求を行い、利息の引き直し計算、返還額の交渉、和解に至らなかった場合の裁判など、依頼者の希望を聞きながら貸金業者に対する過払い請求を進めていきます。

司法書士事務所の中にはこれを特に得意とする事務所があります。

ページのトップへ戻る